最終更新日 2023年11月10日

人事DXとは?

人事DXトップ画像

人事DXとは、従来の人事業務を革新し、デジタル技術を活用して業務の効率化やコスト削減、データ分析に基づく最適化を実現することです。

近年、様々な業界においてDX(デジタルトランスフォーメーション)の推進による企業成長が行われています。人事業務においても、採用活動や人員管理、社内教育、労務管理など、多岐にわたる業務において効率化を行うことで、より企業の根幹に関わる戦略人事にリソースを割けるというメリットがあります。

本記事では、人事部門においてDXを推進するメリットや人事DXの課題、進め方についてわかりやすく解説し、厳選したおすすめサービス5つをご紹介します。

人事DXとHRテック

人事DXでは、人事業務をデジタル化し、データに基づいた施策を実施します。具体的には、人事データの抽出と分析により、個人や企業のパフォーマンスの向上と企業文化の変革を目指します。

人事業務のデジタル化の方法で混同されやすい言葉に、HRテックがあります。HRテックは、人事業務自体の効率化を目指したソリューションサービスであり、効率化が目標です。データ分析・活用で個人・企業の変革を目指す人事DXとは異なるため、区別しておきましょう。

人事におけるDX化のメリット

人事領域においてDXを推進するメリットを2つご紹介します。

業務の効率化を実現できる

人事部門が担う採用、人材育成、移動配置、人事評価などの業務をデジタル化することで、人事部門が扱う従業員一人一人の情報は集約され、システム上に一元管理されます。これにより、従業員の評価、スキル、業績などの個々の状況をいつでも確認できるようになり、人材育成や組織の強化につながります。

また、システム化による属人化の防止とすばやい人材情報の共有により、人事業務を効率化することができるようになります。

戦略人事に注力できる

人事DXが実現すると、従来の業務が効率化され、人事部門が戦略人事に注力できるようになります。

戦略人事とは、企業のビジョンや目標と密接に関連する人材戦略を策定し、それを実現するための具体的な人事施策を展開することです。これには、人材の獲得と配置、能力開発と継続的な学習、パフォーマンス評価と報酬、組織文化の構築と変革などが含まれます。適切な人材を配置することで従業員の力を最大限に引き出し、組織全体の目標達成に貢献します。

従業員の詳細な情報を収集し、データに基づく分析をすることで、人事育成や配置に活用できます。

人事DXにおける課題

人事DXにおける課題を3つご紹介します。事前に課題を把握し、人事DXを成功に導きましょう。

データの収集が難しい

人事DXを実現するためには、企業内の全社員のデータを集める必要があります。しかし、この様なデータは各部署で管理されていたり、紙の書類として保管されていたりすることがあります。

そのため、デジタル化を進めるためには紙のスキャンやシステムへの入力作業などの既存のデータ収集にリソースを奪われることを理解しておきましょう。

既存システムからの移行が難しい

新しいシステムの導入には社内データの収集と整理から、自社に適したシステムの導入、研修など多くのプロセスが存在します。そのため既存の業務フローより時間がかかったりし、新しいシステムに対する批判的な意見が出ることもあるでしょう。

しかし移行が完了し、新しいシステムの運用が安定すれば、業務効率化や戦略的な業務に集中できるようになります。既存システムからの移行期間を乗り切るため、人事DXの目的の周知を徹底しておきましょう。

DX人材が不足している

人事DXの実現には、ITツールやシステムの知識だけでなく、DXに関する知識や理解のある人材が欠かせません。社内にDX推進に適した人材がいない場合には、DX人材の育成や人材採用を視野に入れて取り組む必要があります。

新たな人材確保や育成には、時間やコストがかかるためハードルが高く感じられるでしょう。しかし、DX人材なしでは進められないため、人材不足の問題を解決してからDXに取り組むほうが良いでしょう。

人事DXの進め方

人事DXの進め方を3つの段階にわけて解説します。

目的の明確化

目的に具体性があるほど、上層部、経営層、現場間での認識の違いは防げます。

ツールの導入はあくまで人事DXを実現するための手段です。ツールの導入を目的とせず、人事DXを進めることでどのような目標を達成したいのか、どのような成果を求めるのか明確にしましょう。業務の効率化やコスト◯%削減など、目的をはっきりさせておくことで、目標の設定や課題抽出、ツール選定がうまくいくでしょう

課題の抽出

目標が決まったら、小さな課題も含め、まずは課題をリストアップしましょう。この作業により採用、人材の定着率、育成、配置といった人事業務のなかで、どのような問題を抱えているのかを把握できるようになります。

人事業務は多岐にわたるため、解決すべき課題を一度に取り組むことは難しいでしょう。早く解決できる課題は他の課題と並行して進めるなど、優先順位をつけて取り組むことをおすすめします。

効果検証と見直し

目的を持ってツールを導入した時、目的の達成率は常に検証していく必要があります。思ったように効果が出ていないときは、より目的に沿ったツールに変更することや社内教育の強化、その他人事DXを進める上で課題となっている事柄を把握し、改善しなければなりません。そのためには、現状どれくらい効果が出ているのか確認できる指標を事前に設定しておくと良いでしょう。

また、効果検証の結果、当初の目標を達成できていても「新たな課題がみつかれば解決方法を検討して実行する」ということを繰り返すことで、より良い人事DXを実現できます。

人事DXを推進するおすすめサービス

HRBrain
-人事のすべてにブレインが効く-
「HRBrain タレントマネジメント」

HRBrain タレントマネジメントサイト
(出所:HRBrain タレントマネジメント公式Webサイト)

 

HRBrain タレントマネジメントは、人事や現場の人々が使いやすいタレントマネジメントシステムです。
不動産売買契約の顧客ごとに異なる必要書類の生成やステータスをオンラインで一元管理できるサービスになっています。
人事評価や人材育成、組織分析などといった人事が行う重要な業務の効率化を図り、蓄積したデータをもとに効果的な人事戦略を実現いただけます。
本サービスの「分析の強さ」「質問項目の柔軟さ」「課題特定の細かさ」を活かして、組織課題の可視化とその改善に向けたディスカッションの円滑化が果たされ、結果として従業員間の意識向上に寄与したとのことです。

  • 初めての方でも簡単に安心してお使いいただけるシステム設計
  • 既存システムや他のサービスとの連携もできるので、自社課題に合わせた選択を実現
  • 初期設定から運用支援まで充実のサポート体制

CloudFit
-DX人材に必要なスキルを見える化-
「DX Scores」

DX Scoresサイト
(出所:CloudFit DX Scores公式Webサイト)

 

DX Scoresは、CloudFitが独自に定義した「DX人材スキルチャート」によって従業員のDXスキルを測定および可視化することのできる支援サービスです。
「ビジネスとテクノロジーの融合」を実現するというビジョンのもと、DX人材の育成を目的とした研修やOJTの前後でスキル測定を実施することで、施策効果としてのフィードバックを得ることができます。
本サービスの導入により、パフォーマンスが低下してしまっていたり、スキル面に不安のあったりする従業員に対して必要なトレーニングがどういったものかを明らかにし、日々の業務に留まらない人材育成の段階からデジタル化を実現することができます。

  • 一般的なIT系アセスメントと異なる独自の観点でDX人材に必要なスキルを俯瞰的に測定
  • DX人材タイプごとの育成ロードマップの活用で効率的な育成計画が策定できる
  • 類似した業界や企業とのスコア比較により自社の強みや改善点が一目瞭然

DGA
-DX人材育成プログラム-
「ディジタルグロースアカデミア」

ディジタルグロースアカデミアサイト
(出所:ディジタルグロースアカデミア公式Webサイト)

 

ディジタルグロースアカデミアは、DXに特化した人材育成会社で、eラーニングやDX研修などといったDX人材の育成から企画、導入コンサルティングまでをワンストップで支援するサービスを提供しています。
大手企業から自治体にわたるまで豊富な実績を持ち、DX人材の教育計画・体系策定の支援やコンサルに際しての各企業からの評価は非常に高いものとなっています。
本サービスを利用することにより、DXやビジネストレンドに関する基礎的な講座をはじめ、徐々にAIやIoTに関する理解を深めるための研修、データサイエンティストの養成などへと進めることができ、徹底したDX人材育成を実現することができます。

  • 実績が豊富な講師陣による指導と受講者同士の積極的な交流による好循環
  • 企業ごとに最適化した教材の提供により、必要なスキルをピンポイントで取得
  • 経済産業省運営の「マナビDX」に掲載されている教材の信頼性は業界で認められている

クレオ
-エンタープライズ給与クラウド-
「ジームクラウドHR」

ジームクラウドHRサイト
(出所:クレオ ジームクラウドHR公式Webサイト)

 

ジームクラウドHRは、大手・中堅企業を対象とした人事DX推進フレームワークです。
グループ人事やカスタマイズに対応したSaaS型給与計算を起点として、HR-TechやBPO、PRAとの連携で人事部門の業務革新に取り組むことができます。
本サービスの導入により、従業員がセルフ入力した情報からアウトソーシングに連携することができ、自動的な入社手続きの登録等が実現し、採用発令処理やその後の人事管理・給与計算処理を円滑に始められるようになります。

  • 人事のシステム要件に対応したクラウドサービスでBCP対策、ITコストの肥大化も回避
  • HR-Techやアウトソーシングを取り入れて改善手段を増やし、業務革新を推進
  • 個別の要件に応じたカスタマイズが可能で、コストメリットの追求も実現

ジンジャー
-人事労務をDXでラクに、シンプルに-
「jinjer(ジンジャー)」

jinjerサイト
(出所:jinjer(ジンジャー)公式Webサイト)

 

jinjer(ジンジャー)は、人事領域のデータを横断的にマネジメントできる国内初のプラットフォームです。
従来、ブラックボックス化されてきた人事データを一目瞭然にすることで人事戦略における最適解を導き、人事業務のパフォーマンス向上および企業経営そのものの支援を実現することができます。
他にも、本サービスを利用することで、出勤日数や残業時間の自動計算からデータの作成までをシステム内で完結することができ、リモートワークの回数を集計できる打刻区分の機能の活用は電気代補助手当の支給にもご活用いただけます。

  • 部署単位の課題から企業全体の課題まで、目標に合わせたサービスを利用可能
  • 各企業で共通管理の情報はもちろん、企業独自の情報もまとめてフォーマットで管理
  • 企業内のデータを1つに集約して活用基盤を構築することで業務効率化を実現

まとめ

本記事では、人事のDX化について代表的な現状の課題やDX化のポイント、取り組み事例をご紹介いたしました。

自社の経営戦略の達成には、戦略人事が重要です。人事DXは、人事業務をデジタル化し、データを分析することで、適切な人材育成、人材配置を可能にします。

しかしDX化には、DX人材不足という課題があります。まず、DX人材の確保し、自社のDX化の目的との課題の抽出から始めてみてはいかがでしょうか。

人事DXまとめ画像

人事DXを支援!スマートゲートのBPO

「スマートゲートのBPO」では、人事DXを検討している方へおすすめのサービスをご提供しています。

弊社では名刺のデータ入力代行社内書類や契約書のスキャニング代行を行っております。名刺管理ソフトや契約書管理ソフトなど導入したいシステムに合わせてCSVやExcelにデータ化して納品いたします。

他にも手書きの請求書や申込書、はがきのデータ化など、DX化の推進を支援するサービスが多数ございますので、ぜひご検討ください。

名刺のデータ入力代行
名刺の写真
名刺に記載されている会社名・名前・住所・電話番号・メールアドレスなど名刺上に存在する情報を指定のフォーマットに入力代行するサービスです。データ化をすることで、顧客の検索や社内共有などの管理ができます。英語や中国語など多数の外国語にも対応しています。
スキャニング代行
スキャンの写真
高解像度でPDFファイルなどの形式に電子化いたします。データ化した後はデジタルアーカイブの環境構築対応が可能です。契約書やカルテなど、外部に持ち出せない重要書類や大量の書類の出張スキャンのサービスも対応しております。