メール配信システムとは?

メール配信システムトップ画像

メール配信システムとは、メルマガや会員登録のお知らせ、サービス案内などのメールを配信するためのシステムです。

顧客リストへの大量送信や自動送信を行う際に重宝されるシステムですが、昨今ではマーケティングにも活用されており、メールを配信するだけでなく様々な機能が搭載されるようになりました。

また、無料でありながら機能性のあるシステムも数多くあり、導入を検討している方の中には「どのような特徴があるのか比較したい」「自社に合う機能を持っているのかわからない」とお悩みの方もいると思います。

そこで本記事では、メール配信システムについてメリット・デメリットを踏まえた上で、おすすめのメール配信システムを無料版・有料版に分けてご紹介いたします。

メール配信システムのメリット

メール配信業務を効率化できる

従来では、メルマガなどの送信はメールソフトなどを利用するのが一般的でしたが、顧客が多いほど大量のメールを作成・配信するのに手間がかかってしまいます。

メール配信システムを導入すれば、読み込んだ顧客リストに漏れなく大量送信ができ、予約配信や自動送信もできるため、手作業で行っていたメール配信業務を効率化できるようになります。また、システムによっては一斉送信の際に問題となる遅延の発生も大幅に軽減できます。

顧客に対して効果的なアプローチができる

メール配信システムは、システム内の顧客情報から性別や年齢などで自動的にリスト分けができるため、メールの内容に対してターゲット層となる顧客に限定して配信ができます。

システムによっては、配信したメールのクリック率やコンバージョン、メール内のどの項目が顧客の関心を集めているのかまで分析ができるため、より精度の高いメール内容の作成や顧客の分析など効果的にメルマガを運用することができるようになります。

セキュリティ対策になる

手作業でのメール配信の場合、アドレスの入力ミスやBCC・CCの設定による情報漏洩など人的なミスが起こりやすくなります。些細なミスであっても、個人情報の流出は会社の信頼性に関わる問題へと発展してしまいます。

システムによる自動送信を行えば、このようなミスを未然に防ぐことができます。またシステム内で顧客情報の管理も行うため、別途で情報を管理する必要もなくなります。

メール配信システムのデメリット

コストがかかる

大量のメールを送信する方の中でも、毎月メルマガ配信をする方もいれば、イベントがある月のみメールを送信する方もいると思います。そのため継続的に費用がかかるメール配信システムではコストがかかりすぎてしまう場合があります。

導入する際は、無料トライアルなどでしっかりと操作や機能を確かめて、メール配信システムを利用するべきか改めて検討してから導入すると良いでしょう。

メールの到達率が低くなる

大量のメールを頻繁に一斉送信していると迷惑メールやスパムメールだと認定されてしまい、プロバイダや携帯キャリアがメールを受信しないように設定するため、メールが届かなくなる可能性があります。

有料版のシステムではメールの到達率(受信率)を高める機能が備わっている場合が殆どですが、無料版では機能がない場合がありますので、注意が必要です。

メール配信システムを選ぶポイント

効果測定を行えるか

メルマガを配信しても相手の反応がわからなければ、改善策や費用対効果の分析ができません。しかし、開封率・クリック率などの情報を分析できる機能が備わっているシステムの場合、送信相手の反応を情報として蓄積することができます。

また、開封率が高くてもクリック率が低いといった分析がされた場合にはメール文面やボタンの位置を見直すなど、測定した情報を元に具体的な改善をすることができるようになります。

料金が自社に合っているか

システムによって料金形態が様々なので、継続的なメール配信をしない方はイベントのときのみスポット利用ができるシステムを使用したり、決まった顧客リストへの配信をしている方は顧客数で料金が分けられているシステムを使用したりすることでコストを抑えることができます。

自社のメルマガ運用がどれくらいの頻度や顧客数を予定しているのか整理すると、より自社に合ったメール配信システムを選定できるでしょう。

HTMLメールを簡単に送信できるか

HTMLメールとは、Webページを構成する言語を使用したもので、画像を多く使ったデザイン性の高いメールを作ることができます。文章だけのメールよりも、サービスの内容やイメージを視覚的に伝えられるため見込み顧客の発掘に効果的です。

メール配信システムには誰でも簡単にHTMLメールを作成できるツールが備わっている場合があるため、利用したい方は選定する際にチェックしておくと良いでしょう。

大量配信を短時間で行えるか

自社のサーバーでメルマガ配信を行っていると、サーバー自体にかなりの負担がかかることになってしまうためデータ処理が遅れてスピーディーな配信ができなくなる場合があると思います。

多くの顧客を抱えている方は大量送信・高速送信に特化したメール配信システムを選定することにより、従業員の負担は勿論、時間的コストも大幅に削減できるでしょう。

既存のシステムと連携できるか

既存のシステムで顧客情報管理をしておりメール配信機能のみを使用したい場合は、API連携が行えるシステムが良いでしょう。注意点として、API連携が有料のオプション機能となっている場合があるため、導入の際に確認する必要があります。

また、クラウドでの顧客情報管理に安全性への不安がある方や自社の管理システムと連携させたい方は、自社サーバーにメール配信ソフトをインストールして利用するパッケージ型のものを選定すると良いでしょう。

有料版メール配信システムおすすめ5選

blastmail

blastmailのwebページ
(出所:blastmail公式Webサイト)

blastmail(ブラストメール)は11年連続で顧客導入数シェアNo.1を誇っているメール配信システムです。官公庁やNTTドコモ、楽天などの有名企業まで幅広く導入実績があります。
メールの送信数でなく登録したメールアドレス数に応じた料金となっているため、毎月一定数のメルマガ送信を行う企業におすすめです。
直感的な操作が可能なため初心者の方でも導入しやすく、またメールの開封率やURLのクリック状況の測定などマーケティングにも活用できる機能が多く備わっています。

初期費用 月額費用
3,000円~ 10,000円~
無料トライアル 提供形態
7日間 クラウド
  • メール配信市場で顧客導入数シェアNo.1
  • シンプルな設計なので直感的な操作が可能
  • マニュアルやサポートが充実

配配メール

配配メールのwebサイト
(出所:配配メール公式Webサイト)

 

配配メールは、株式会社ラクスが運営しているメール配信システムで、9,000社を超える導入実績があります。
複数のIPアドレスでの配信やエラーアドレスの管理などスパム認定対策を行っているため、受信ブロックを回避してメール到達率を高めることができます。
また、メールマーケティングに特化しているプランではステップメールやメルマガ、クーポン配信など様々なメール配信をすることができ、多言語にも対応しているため海外に向けたメール配信をしている企業にもおすすめです。

初期費用 月額費用
要問い合わせ 要問い合わせ
無料トライアル 提供形態
あり クラウド
  • ステップメールやメルマガ一斉送信などの機能が充実
  • 高度な受信ブロック回避システム
  • メールマーケティングに特化した機能性

WEBCAS e-mail

WEBCAS e-mailのwebサイト
(出所:WEBCAS e-mail公式Webサイト)

 

WEBCAS e-mail(ウェブキャス イーメール)は20年以上メール配信システムを提供している株式会社WOW WORLDのサービスで、1か月から利用可能なクラウド版から自社環境に導入できるパッケージ版まで、幅広い提供形式を展開しています。
パッケージ版では市場シェアNo.1を誇っており、その特徴として既存システムと連携が柔軟に可能となっているため、自社内でしっかりと顧客情報を管理・運用することができます。
それぞれのプランで料金形態やサービスが異なっているため自社の目的や導入環境に合わせて選択できます。

初期費用 月額費用
30,000円~ 10,000円~
無料トライアル 提供形態
あり(実際の配信は不可) パッケージ・クラウド
  • クラウド版からパッケージ版まで幅広いサービス展開
  • パッケージ版市場シェアNo.1
  • 自社の既存システムと柔軟に連携できる

Cuenote FC

Cuenote FCのwebサイト
(出所:Cuenote FC公式Webサイト)

 

Cuenote FC(キューノートエフシー)はハイスピードな大量配信を得意としており、毎時1,000万通の配信実績があるメール配信システムです。
初心者でもHTMLメールを簡単に作成でき、PCやスマホなど配信先の端末をシステム側で自動判別することもできるため、それぞれの端末に合ったメール配信が可能です。
メールの配信数は無制限なので配信先の顧客数が多くかつ大量配信を遅延なく行いたい企業におすすめです。

初期費用 月額費用
30,000円~ 5,000円~
無料トライアル 提供形態
あり(社内での検証目的のみ可) パッケージ・クラウド
  • 大量配信を遅延なしで提供
  • 独自開発の配信エンジンで高いメール到達率
  • 多彩なメール配信が可能

WiLL Mail

WiLL Mailのwebサイト
(出所:WiLL Mail公式Webサイト)

 

WiLL Mailは初期費用無償、最低契約期間1ヶ月のメルマガ運用のコストを最小限にできるメール配信システムです。年賀状の配信やイベントなどでのスポット利用でも気軽に活用できます。
機能豊富なプレミアムプランと一斉配信のみのシンプルプランの2種類があり、契約プランを自由に行き来できるため、メール配信が多い月と少ない月で使い分けることができます。
また開封率やコンバージョンは勿論、ファーストタッチやヒートマップの分析などメールマーケティングに活用できる様々な分析機能が搭載されています。

初期費用 月額費用
4,000円~
無料トライアル 提供形態
2週間 クラウド
  • 配信数に応じてプランの行き来が可能
  • 初期費用なしで気軽に利用
  • スマートフォン完全対応のHTMLメールを作成

無料版メール配信システムおすすめ5選

める配くん

める配くんのwebページ
(出所:める配くん公式Webサイト)

める配くんは、株式会社ディライトフルが提供しているメール配信システムです。無料プランでは登録アドレス数120件、月間配信数500通までの制限はありますが期限なく利用することができます。
シンプルなUIとなっているため操作しやすく、ステップメールやターゲット配信、バックナンバー機能などメルマガに特化した機能が充実しています。
運営元がプライバシーマークを取得しており、大手企業や官公庁への導入実績も多いためセキュリティ面も安心して使用することができます。

初期費用(有料版) 月額費用(有料版)
8,000円~ 1,886円~
無料プラン 提供形態
登録数120件まで クラウド
  • 期限なしで無料利用ができる
  • プライバシーマークによりセキュリティ面も安心
  • シンプルで使いやすい操作性

オレンジメール

オレンジメールのwebサイト
(出所:オレンジメール公式Webサイト)

 

オレンジメールは、メルマガ初心者の方におすすめのメール配信システムで、わかりやすい操作性で評判となっています。
無料プランはアドレス100名までの制限はありますが、半年間全ての機能が使えます。また登録の際にクレジットカード情報は不要で、自動では有料版には切り替わらないため気軽にメール配信を始められます。
継続して使用したいときも個人~中小企業向け低価格のプランが複数用意されているため、コストを抑えて導入することができます。

初期費用(有料版) 月額費用(有料版)
12,800円~ 2,480円~
無料プラン 提供形態
半年間・登録数100件まで クラウド
  • 操作が5分でわかる動画マニュアル公開中
  • 半年間ずっと全機能が使い放題
  • 有料版も低価格で展開

MailChimp

MailChimpのwebサイト
(出所:MailChimp公式Webサイト)

 

Mailchimp(メールチンプ)は、アメリカに本社を構えるロケット・サイエンス・グループが提供しているメール配信システムで、1300万以上のユーザーに利用されている世界的に有名なシステムです。
HTMLエディタやステップメール、レポート機能などメールマーケティングに必要な機能を無料で使うことができるので、ビジネスに幅広く利用できます。
注意点として、マニュアルやサポートが全てが英語表記になっているため、英語が苦手な方や初心者の方には導入が難しく感じるかもしれません。

初期費用(有料版) 月額費用(有料版)
20ドル~
無料プラン 提供形態
登録数2,000件まで クラウド
  • 世界的に利用されている信頼性
  • 中規模での使用なら充分な使用制限
  • メールマーケティングに関する機能が充実

acmailer

acmailerのwebサイト
(出所:acmailer公式Webサイト)

 

acmailerは全ての機能が無料で使えるメール配信システムです。提供形態であるCGIは企業が使用しているサーバーに設置することで利用が可能になります。
他システムと比べて多機能ではありませんが予約配信や空メール登録などメルマガ配信に必要な機能は十分に備わっているため、使用目的が限定的な場合利用しやすいシステムとなっています。
ただし、利用する際はacmailerへのリンク付の著作権を表示する必要があるため、表示の解除を希望する場合は有料版の購入が必要となります。

初期費用 月額費用
無料プラン 提供形態
制限なし CGI
  • 自社サーバーで簡単に導入可能
  • 無料かつ制限なしで利用できる
  • サーバーに負担をかけない配信スピードの調整が可能

Mailsales

Mailsalesのwebサイト
(出所:Mailsales公式Webサイト)

 

Mailsalesは、1時間に280万通も配信できる独自開発の高速エンジンが搭載されたメール配信システムです。
配信可能数に上限がない上に、クリック測定や開封率測定などメールマーケティングに関する機能も無料で使用することができます。
期限無しで無料版が使用できるため、有料版を検討している方がしっかりと体制を整えてから導入できるシステムとなっています。

初期費用(有料版) 月額費用(有料版)
10,000円 4,950円~
無料プラン 提供形態
登録数100件まで クラウド
  • 独自開発の高速配信システム
  • 無料でも配信可能メール数に制限なし
  • 有料版導入前の体制づくりに最適

まとめ

本記事では、メール配信システムのメリット・デメリットや選ぶポイントを踏まえた上で、厳選したメール配信システムをご紹介いたしました。

システムによっては様々な機能が搭載されているため、有料版を検討中の方も無料トライアルから始めると使用目的や欲しい機能を改めて整理することができるかもしれません。

ぜひ、メール配信システムを導入して業務の効率化に活かしてみてはいかがでしょうか。

メール配信システムまとめ画像

メール配信システムを簡単に導入!スマートゲートのBPO

「スマートゲートのBPO」では、メール配信システムの導入を検討している方へおすすめのサービスをご提供しています。

弊社では、名刺や名簿などの紙媒体で保管していた顧客情報をデータ化するサービスを行っています。導入したいシステムに合わせてCSVやExcelにて納品いたしますので、データ化した顧客のメールアドレスを読み込ませるだけで、メール配信システムを簡単に導入できるようになります。

他にも手書きの請求書や申込書、応募ハガキのデータ化など、業務の効率化を支援するサービスが多数ございますので、ぜひご検討ください。