最終更新日 2023年11月1日

データクレンジングとは?

データクレンジングとはトップ画像

データクレンジングとは、データベース内のエラーや不正確な情報、重複したデータなどを特定し、修正、削除、統合するプロセスを指します。

正確なデータ分析は、営業やマーケティング活動の成果を最大化するのに不可欠です。データクレンジングを通じてデータの重複や誤りを修正し、データの品質を向上させることで、データ分析の精度が向上します。

この記事では、データクレンジングとは何かをわかりやすく解説します。データクレンジングを自動化できるソフトもご紹介するので、データ分析の精度の向上にお役立てください。

データクレンジングの目的

データクレンジングとは画像

データクレンジングはデータクリーニングとも呼ばれ、文字通りデータをきれいに整理することが目的です。

データクレンジングを行うことで、データ分析の精度の向上につながります。データクレンジングによって不正確な情報やエラーが修正され、重複したデータが削除されるため、分析に使用されるデータが、より正確で信頼性の高いものとなります。

これにより、データ分析の結果がより正確で有用なものとなり、業務効率化やコスト削減などに貢献するでしょう。

データクレンジングと名寄せの違い

データクレンジングと名寄せは、それぞれ目的と処理内容が異なります。データクレンジングはデータの品質向上が目的であり、誤記や表記ゆれなどの修正を通じてデータを整えます。

一方、名寄せは複数のデータベースに分散している同一の顧客情報を正確に統合するために行われる作業です。名寄せの目的は、顧客データの正確性と一貫性を高めることにあります。

名寄せを行うことで、データの重複や不整合を排除し、顧客の属性や購買履歴などの情報を正確に把握できます。これにより、適切なマーケティング活動を行えるようになり、売上アップなどに貢献するでしょう。

なお、名寄せを行う前にデータクレンジングを行うことが必要です。データが整理されていないまま名寄せを行うと、誤った結果や整合性のないデータが統合される可能性があります。必ず、データクレンジングを先に行いましょう。

データクレンジングのメリット

データクレンジングを行うとデータ分析の精度が向上し、以下のようなメリットが得られます。

コストの削減

データクレンジングのメリットは、コスト削減につながることです。データクレンジングにより、データベース内の誤った情報や重複データが削減されるため、正確な情報に基づいて営業活動を行えます。

例えばDMの発送などは、誤った顧客データに基づいて行うと多額の無駄なコストが発生する可能性があります。データクレンジングを行い、正確な顧客データに基づいてDMを発送すると、コスト削減につながることがあるでしょう。

このように、コスト削減につながる可能性のあることは、データクレンジングのメリットです。

データ品質・精度の向上

データクレンジングによってデータの品質や精度が向上することで、データ分析の精度も向上します。正確で信頼性のあるデータを使用することで、マーケティング活動をより効果的に行えるようになります。

データの品質向上はビジネスにおける意思決定や戦略立案にポジティブな影響を及ぼし、収益拡大につながる可能性もあるでしょう。

業務の効率化

データクレンジングは業務の効率化につながることもメリットです。データの品質を向上させておくと、分析にかかる前処理やデータの検証作業が減少し、データ分析の手間と時間が削減されます。

その結果、短時間でより精度の高いデータ分析が可能となり、迅速な意思決定や戦略の立案が可能になるでしょう。業務効率化によって生産性が向上し、利益率アップや業績アップにつながります。

データクレンジングの基本的な進め方

データクレンジングとは画像

データクレンジングの基本的な進め方は、以下の流れで行います。

社内データの収集と重要データを選定

まず、データクレンジングの対象となるデータを収集し、その中から重要なデータを選定します。どのデータがビジネスの目標達成に重要なのかを見極めることが大切です。

データクレンジングのルールの作成

データクレンジングを行う際には、どのようなルールを適用するのかを決めなければなりません。例えば、特定のカテゴリのデータを統一するための書式ルールや、欠損データを推定する方法などのルールを作成します。

データクレンジングの実行

ルールが決定されたら、実際にデータクレンジングを実行します。誤った情報の修正や欠損データの補完、重複データの削除など、ルールに基づいてデータを修正・整形することで、データの品質や精度が向上するでしょう。

データの整理

データクレンジングが完了したら、データを整理します。修正されたデータや削除されたデータが適切に整理され、データベースがきれいで使いやすい状態になります。

データクレンジングを自動化するおすすめのソフト

データクレンジングは手作業で行うと、時間と労力がかかります。ソフトを使用するとデータクレンジングのプロセスを自動化でき、作業効率が大きく向上します。データクレンジングを自動化するおすすめソフトは以下の通りです。

FORCAS(フォーカス)

FORCAS(フォーカス)のwebページ
(出所:FORCAS(フォーカス)公式Webサイト)

 

FORCAS(フォーカス)は、高品質な企業データベースを利用して営業DX(デジタルトランスフォーメーション)を実現するソリューションです。独自の名寄せ機能を備えており、顧客データを整備し、営業やマーケティング活動に有益な情報を提供します。

  • 営業の感覚に合わせて企業リストに反映
  • 既存の顧客リストをExcelでアップロードできる
  • 上から読むだけの短時間での情報収集が可能

ユーソナー

ユーソナーのwebサイト
(出所:ユーソナー公式Webサイト)

 

ユーソナーは、は820万件の企業データを利用して、顧客データの整備・名寄せができる顧客データ統合ソリューションです。データの整理や名寄せ、常時のクレンジングによって、営業精度の向上に大きく貢献します。

  • 国内最大の企業データベースを保有
  • 情報の自動アップデートで取引先管理の負担が軽減
  • 名刺との紐づけで情報を営業にも活用できる

Talend Data Fabric

Talend Data Fabricのwebサイト
(出所:Talend Data Fabric公式Webサイト)

 

Talend Data Fabricは、データクレンジングやデータの統合、変換、展開などの幅広い機能を備えたデータ統合プラットフォームです。データクレンジングやデータの結合、変換などの操作を直感的に行うことができ、簡単にデータ処理作業ができます。

  • データのクレンジングから統合、変換、展開などの多様な機能
  • リアルタイムの自動化でデータの品質を維持
  • 任意の時点における信頼やその時間変化を確認できる

Tableau Prep Builder

Tableau Prep Builderのwebサイト
(出所:Tableau Prep Builder公式Webサイト)

 

Tableau Prep Builderは、データの結合、形式変換、クリーニングなどの作業を視覚的なインターフェースで行えるデータ準備ツールです。やり方はとても簡単で、数回クリックするだけで高品質なデータ獲得を実現できます。

  • 視覚的な直接操作で誰でも簡単
  • 分析前のデータ準備にあてる時間を60%削減できる
  • コーディングなしで多様なデータにアクセス

 

まとめ

データクレンジングを行うとデータ分析の精度が向上し、営業やマーケティング活動の最適化が図れ、コスト削減や業務効率化などにつながります。

データクレンジングは手作業だと手間がかかりますが、この記事で紹介したソフトを使用すると簡単に行うことができます。自動化ソフトを活用してデータクレンジングを行い、データ分析の精度向上にお役立てください。

データクレンジングとはまとめ画像

データクレンジングソフトを導入するならスマートゲートのBPO

「スマートゲートのBPO」では、データクレンジングソフトの導入を検討している方へおすすめのサービスをご提供しています。

弊社では名刺や名簿などの紙媒体のデータ入力代行を行っております。導入したいソフトに合わせてCSVやExcelにデータ化して納品いたしますので、データクレンジングソフトを簡単に導入できるようになります。

他にも手書きの申込書や応募ハガキのデータ化など、DX化の推進を支援するサービスが多数ございますので、ぜひご検討ください。

名刺のデータ入力代行
名刺の写真
名刺に記載されている会社名・名前・住所・電話番号・メールアドレスなど名刺上に存在する情報を指定のフォーマットに入力代行するサービスです。データ化をすることで、顧客の検索や社内共有などの管理ができます。英語や中国語など多数の外国語にも対応しています。
名簿・リストのデータ入力代行
名簿・リストの写真
紙媒体の名簿や顧客リストなどをデータ化するサービスです。選挙名簿、同窓会名簿、住所録など、あらゆる名簿やリストをデータ化します。データ化することで、エクセルやCRMなどで管理しやすくなり、DMやメールを活用した販売促進が可能になります。